ベタつかない日焼け止め

スポンサードリンク

プロテクトウォータージェルは、毎日の紫外線対策に手軽に使え、日やけによるシミ・ソバカスを防ぎます。
スーッと伸びて白残りなし、ベタつき・白残り・ニオイもなく負担感のない使い心地。ぬった後の肌もサラッとすべすべです。
腕などの広い部分やうっかり焼けしやすい首筋にもOK。化粧下地にもファンデーションも軽く自然な仕上がりになります。うるおい成分ヒアルロン酸配合で乾燥してカサつきがちな肌にうるおいを与えます。
プロテクトウォータージェルは、専用クレンジングを使わずに落とすことができます

日焼け止めの選び方

夏になると登場する回数が増える日焼け止め。正しい日焼け止めの選び方ご存じですか?紫外線はシミだけでなく、シワやたるみといった、お肌の老化の原因になることはご存知だと思います。いつまでも若々しいお肌を保つためにも紫外線を防止することは必須条件と言えるでしょう。
日焼け止めの成分には2種類あり、紫外線吸収剤と紫外線錯乱剤があります。紫外線吸収剤は肌荒れの原因となり、錯乱剤はお肌の乾燥を引き起こす原因となることがあります。日に当たるのが1日20分程度のOLさんなどなら、毎日日焼け止めを使う必要はありません。日焼け止めを1日中つけていることで、かえってお肌にダメージを与えてしまっています。

日焼け止めの正しい強さの見方

効果的に日焼けを防いで、お肌への負担をなるべく軽くするには、季節や場所、外で過ごす時間などによって、日焼け止め効果の強さを変えることが必要です。日焼け止めの正しい強さの見方をご存じでしょうか。
日焼け止めには必ずSPFとPAの2つの強度が書かれていると思います。SPFは紫外線のB波(UVB)をカットする力を表しています。紫外線B波はシミやそばかすだけでなく、さらには皮膚ガンの原因となります。
SPFの後に書いてある数字の意味は、日焼け止めなどを何もつけていない素肌の状態と比較した場合、日焼け開始までの時間を何倍に延ばすことができるか、を表しています。SPF10の場合は日焼けが始まるまでの時間を10倍に延ばせるということです。
さらにPAは紫外線A波(UVA)をカットする効果を現しています。紫外線A波は皮膚を黒くしたり、シワやたるみの原因となったりします。PAの後に付いている+記号が多いほど防ぐ効果が強いということです。このSPFとPAの値が大きいほど、日焼け止めの効果が大きいことになります。しかし効果の高い日焼け止めは、紫外線から皮膚を守るだけでなく、お肌に負担をかけてしまいます。

スポンサードリンク

日光浴はもういらない

母子手帳から「日光浴」という言葉が消えてから、結構な月日が経ちました。ひと昔前なら真っ黒に日焼けした子供は健康で元気の象徴だと言われていたかもしれませんが、今では逆に不健康の象徴となりつつあります。
すでに、化粧をする女性の方などは紫外線の悪影響について認識し、対策を講じていることと思いますが、子供や男性はまだまだ不十分なのではないでしょうか?自分はしっかり紫外線対策バッチリなのに、子供には何もしていないなんてことありませんか?男は小麦色の肌の方がカッコいいと思っていませんか?紫外線の被害はジワジワときます。気づいた頃にはもう遅いなんてことにならないように、今すぐ対策を!!